製造部(大畑さん)

普通だったら任せてもらえないようなことにも挑戦させてくれます。
Play
Slider

ユニタイトってどんな会社?

他の会社だったら任せてもらえないような仕事にも挑戦させてくれる会社です。

私の部署では24時間機械を動かしているのですが、熱を加えたり冷ましたりを繰り返すと機械も壊れやすくなります。その大掛かりな修理も、計画の段階から任せて頂きました。

入社した決め手は?

もともと大学で材料科学の分野で金属を専攻していました。金属に携われる仕事をしたいと思い、ユニタイトを選びました。

また、会社説明会の際にベテランと若手の採用担当者がいて、2人が仲良さそうに会話していたのは印象的でした。他の会社と比較しても雰囲気のいい会社だと思い、そこは決め手になりました。

どんな仕事をしているの?

私が所属する製造1課では、主にボルトの鍛造から熱処理、包装までの一連の工程を担当しています。

私は主に熱処理を担当していて、ほとんどの製品に熱処理の工程があるので、ほぼ全ての製品に携わっています。

最近では風車などに使用される巨大なボルトの開発にも携わっていて、熱処理に関してアドバイスを求められることも多くなっています。

ボルトの熱処理

社内の雰囲気は?

大きな会社ではないので、基本的にみんな顔見知りです。

私の場合は、特に営業部の人と関わることが多くて、「納期もう少し早くならないか?」って相談されることもよくあり、製造部の状況とか、今後受注しそうな製品とか日常的に情報交換しています。

専門知識はなくても大丈夫?

私の周りの人の多くが、専門知識がない状態で入社しているので大丈夫です。

私は勉強した身ではありますが、どっかで聞いたことがある単語だなとか、あのとき勉強したことだなとか、当時はよく分からなかったことがようやく理解できることが多いです。

大学では幅広く学びますが、実用的にやっていることはほんの一部なので、入社してからでも何とかなります。

失敗談はありますか?

鍛造のオペレーターを担当しているときは、失敗はたくさんありました。機械から「バコーン!」と音が出たりして…(笑)
どうしても想定外なことは起きるので仕方ない部分はありますが、不具合が起きるたびに焦りました。

熱処理部門を管理する立場になってからは、どうしても見落としてしまうことがあって、危うく納期に間に合わないところだったということもありました。でも、営業部の人がたまに声をかけてくれるので、助けられることも多いです。

嬉しい瞬間は?

最近は新しい製品の開発に携わることもあり、必ず熱処理が必要になってきます。大先輩から熱処理のアドバイスを求められることも多く、頼られたときは嬉しいですね。これまでやってきたことが認められているのかなと実感できます。

今後の目標は?

実際に進んでいるプロジェクトで、風車とかのエネルギー関連で使用される巨大なボルトの熱処理を担当しています。大変ではありますが、自分の力にもなるので、そういう案件が増えていって、そこで貢献したいと思います。

ユニタイトのいいところは?

ユニタイトで働く人はみんないい人で、アフター5に飲みに連れて行ってもらうなど交流も多く、そこはユニタイトのいいところだと思います。

ユニタイトはどんな人に向いている?

コミュニケーションがとれる人は向いていると思います。みんないい人ですし、わからないことを聞いても教えてくれます。分からないことがあるのは誰でも同じですし、そういうときに他の人に聞ける人であれば全く問題ありません。

また、日頃から関係性を築いていると、困った時に助けて頂けるので、人間関係は大切です。

   社員一覧へ戻る